2008-09-29

「9 月の荒川サイクリング」の反省

「9 月の荒川サイクリング」はコースに不慣れな人が半数以上,さらに後半は雨となかなか大変でした.

特に残念だったことは 2 台以上が横に並んで並列に走っていたとか道路の半分以上をあけるといった,出発前に説明した注意事項が守れなかった事です.4 台くらいが横に並んで路上に停車していたという指摘もありました.

主にリカンベントサイクリングクラブで「9 月の荒川サイクリング」について意見交換が活発に行われました.全体の進行を円滑にするためには事前に次の休憩場所までの距離や時間を明示するべきという意見が出ましたし,どのようにして初参加の人を誘導ればより円滑かという点でいくつかのアイディアが出ました.

主催者としては参加者は特に以下の事に注意して欲しいと思います:

  • 事故が起こらない事
  • 全体の進行が円滑である事

沢山横に並ばないとか道路の半分以上を空けるようにするというのは,事故が起こらないようにです.また道路の真ん中で停車するのも良くありません.

全体の進行が円滑である事を考えると,他の人が停車したからという理由で休憩場所以外で停車するのはあまり望ましくありません.個々の参加者が自立的に走行できる事が期待されます.補給やトラブルで停車するのはかまいませんが,他の人が停車したからという理由で一緒に停車すると全体の進行が遅れる原因になり望ましい事ではありません.

具体的に注意する事:

  • 沢山横に並ばない(広い荒川河川敷でも横 2 台まで,その他は一列で)
  • 補給やトラブルでなければ,休憩場所以外ではむやみに複数台で停車しない

また今後はコースがまだ分からない参加者には先頭のすぐ後ろを走ってもらう事を原則としようと思います.

集合場所で簡単な自己紹介の時に初参加の人を数えて,自己紹介後に先頭隊長の付近に初参加の人を集めて数を確認.その後出発.休憩場所についたら「ここを10:00に出発します.次は約 8km 先の虹のひろばまで 30 分ほど走って 11:00 まで休憩します.」という感じで,次の休憩場所までの時間や距離を説明します.また休憩後の出発の時は初参加の人が集まっている事を一応確認して出発する.でも一応様子は見るけど数の確認まではしない.必要があれば先頭隊長はすぐ後ろを走っている人に,後続の休憩場所への誘導をお願いしたりする.初参加でもできるでしょうしね.

タイムテーブルをはっきりさせたほうが良いという意見が出たので,参考になるタイムテーブルを示します:

集合場所
09:30 出発
集合場所から新岩瀬水門付近
約 5 km を 20 分ほどで走る
第一休憩:新岩淵水門付近
約4.5km 地点
10:00 出発
新岩淵水門付近から虹のひろば
約 8 km を 30 分ほどで走る
第二休憩:虹のひろば
約13km 地点
11:00 出発
虹のひろばから上平井水門付近
約 6 km を 20 分ほどで走る
第三休憩:上平井水門付近
約19km 地点
11:30 出発
上平井水門付近から葛西橋付近のコンビニエンスストア
約 8 km を 30 分ほどで走る
ローソン
約27km 地点
12:20 出発
コンビニエンスストアから葛西臨海公園
約 4 km を 20 分ほどで走る
葛西臨海公園
約31km 地点
12:40 到着

このタイムテーブルを基本にして当日の風向きや人数によって幹事が調整する事にします.

こんな感じで 10 月からやって行きたいと思います.

皆さんよろしくお願いいたします.

コメントを投稿